南米で1,2を争う治安の良さ!魅力溢れるチリの観光名所

経済発展が続いている

チリの人々は基本的に優しく、観光客にも親切に接してくれます。南米の中では経済的に余裕があり、それが心の余裕にもなっています。経済発展が続いているので、物価は多少高めです。隣国のボリビアとの経済格差が激しいので、同国から入国すると驚くことになります。物によっては、値段に10倍の開きがあります。治安は全体的に良くなっており、特に南部は平和な街が広がっています。バルパライソなどのスラム街はありますが、他国のそれと比べてはるかに安全です。

イースター島ではキャンプも

チリではサーモンやエビ、カニなどの魚介類が豊富です。当食材を使ったメニューも豊富で、どれも日本人好みの美味しさです。物価が高いのでお得感はありませんが、南米で新鮮な魚介を食べられるのは貴重です。特にサーモンは必食に値し、ワインなどとの相性も抜群です。チリの観光名所としては、北部のアタカマ砂漠や南部のパタゴニア地方が挙げられます。その他、中部にビーチやイースター島など、著名観光スポットが点在しています。イースター島ではキャンプもでき、地元民の人気スポットでもあります。

整備されている道路交通網

チリは長距離バスやフェリーなど、移動手段が整っています。ネット環境も充実しており、旅行中の検索にも便利です。チリは南北に長い国土を持つため、場所によって気候や風土が大きく異なるのが特徴です。治安の良い南部では、旅行者であっても気軽にヒッチハイクができます。道路も整備されており、クルマで快適に移動できるのも魅力です。バスターミナル周りも、しつこい物売りなどは一切いません。

バイザポートを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です